Menu does not appear
-- SiteMap


放影研ではこんな研究をしています

放射線が人体に及ぼす影響のメカニズムの研究

放射線生物学/分子疫学部では、放射線被ばくの生体影響のメカニズムを、次の三つの視点から
研究しています。
免疫学研究
放射線によって生じた免疫の変化が、原爆被爆者の病気の発生にどのように関係するかを調べています。

免疫ゲノム研究
放射線被ばくへの感受性や発がん感受性には個人差があるので、それに関係のある遺伝要因を探しています。

分子腫瘍学研究
原爆被爆者から発生したがんの特徴を、がんの組織試料を分子生物学的に解析して調べています。

これらの研究により、原爆被爆者の健康の向上、現代社会の課題である放射線の生体影響のコントロール、疾患予防を目指します。
放射線が人体に及ぼす影響を、分子レベルで研究しています